bikkeのat home
ljbk.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
ライフログ
エキサイト以外のリンク
お気に入りブログ
以前の記事
2018年 02月
2017年 10月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
かもめ食堂
from kurisablog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのむかし
純ちゃんが「オールウェイズ三丁目の夕日」という映画が楽しかったと
教えてくれました。DVDになってるので買って、一緒に観るつもりです。

私がちいさい時「マグマ大使」というヒーローものが大人気でした。
ピピピピピーッと笛を鳴らして、マグマ一家を呼ぶのです。
マグマ大使はお父さんで、お母さんの名はモル、
10さい位の男の子の名はガムです。

「マグマ大使」の写真を見てもらえばわかると思いますが、
一家全員、頭の左右にアンテナ様のものが立っています。
マグマは長髪で、そのまま飛んで来てくれます。
モルが何かに乗ってたかの記憶はありません。
ガムはちいさなロケットに乗っていました。
タンタンのロケットのようなロケットです。

アース(地球)という科学者が生んだ正義のマグマ一家は、
地球の平和を守るため、宇宙からやって来た悪者ゴアと戦います。
ゴアはちょうどこないだまで私がしていたような髪型で、キバも二本出ています。

で、子供たちは駄菓子屋でその呼び笛を買ってもらって、
空を見上げてデッカく、ピピピピピーッと吹くのであります。
一回吹くとガム、二回吹くとモル、三回だとついにマグマが飛んで来るのです。

母の目を盗んで大通りをこっち側に渡って来た私は、大空に向かって
そら思い切り笛を吹きました。あまりにも笛の音が心を打つので、
私はもう一度ピピピピピーッと吹きました。そんで空を見上げてホッと
一息ついたとき「モルを呼んでしもた」ことに気づき、呆然としました。

私は大好きな男の子ガムに来て貰いたかったのに、マグマ一家のおかあさんを
呼んでしまったのです。ショックで涙も出ません。今よりずうっと広い空を
見上げてモルが来てしまうのを待つしかなく、自分のしたことへの深い後悔と、
これから会うであろうモルに、何と言うて帰って貰うかをマッハで考え続けました。

車も今みたいに延々と走っていない道路の向こう側から、
赤いカタマリがどんどんこっちへ向かって大きくなって来ます。
「なにしてんの、あんたわっ!」と言う声に、
ちいさな子供の私は震え上がりました。
うちのおかんが、私目がけて走って来るのです。

逃げようにもマグマ一家のおかんのモルを呼んでしもた以上待つしかなく、
うちのおかんが間もなく到着するのも待つしかない、学校にもまだ行かぬ
子供の私は大空とあっち側を交互に見詰めながら、どっちが先に来るんやろうと
涙も出ないで立ちすくんでおりました。

f0100831_22395761.jpg

by ljbk | 2006-07-19 22:48 | JB